生命保険料控除のメリット

スポンサーリンク

生命保険料控除のメリット

最も簡単な節税対策です

生命保険料控除のメリットは所得税が安くなるということです。
高所得者の方で独身の方などは受けられる控除が少ないですので、どうしても所得税が高くなってしまいます。
そんな方なら特に税金が安くなる効果を感じていただけると思います。
所得税を納税されている方なら、生命保険や医療保険に加入されていればどのような方でも利用できる制度ですので手軽な節税対策と言えます。
生命保険料控除の対象となるのは、生命保険、医療保険、介護保険、個人年金保険です。
所得税での控除額は合計12万円です。住民税の場合は合計7万円となっています。戻ってくる金額は、1年分の課税所得金額によって異なります。
例えば、貯蓄性のある終身保険や個人年金保険等に加入されているのであれば、保険としての貯蓄性(戻り率)に加えて、生命保険料控除で戻ってくる税金の効果も考えると、高い貯蓄性の保険と考えることもできます。


経営者の方であれば、
個人では貯蓄性のある保険で生命保険料控除を使い。
法人では保障性のある掛け捨ての保険で損金算入する。という使い分けもできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク