保険に入っていませんが、入った方が得ですか?

保険に入っていませんが、入った方が得ですか?

生命保険に加入することによって税制上のメリットを受けられるのが「生命保険料控除」です。
給与等の収入があり、
所得税を支払っている人にとっては
「所得税の控除」を受けることができるようになります。
そういった面では、
生命保険に入っていないよりも、
生命保険に加入していることでお得になる。
という側面はあります。
しかし、生命保険の加入で重要なのは、生命保険料控除を受けることができるかどうかがメインではありません。
加入を検討している保険があなたに合った保険かどうか?
実際に加入している保険があなたに合っているのかどうか?
ということが非常に重要となります。
生命保険料控除を利用していないので、利用した方がお得になる。という要素が重要なのではなく、あなたにとってそもそも生命保険が提供している各種保障が必要なのかどうかを判断することが、保険選びにおいてはなによりも重要となるのです。
生命保険料控除は生命保険や医療保険、個人年金保険に加入することによって得られる税制上のメリットのひとつです。
ある意味では「おまけ」として控除も受けることができるぐらいの心持が良いのではないでしょうか?
生命保険料控除を受けるために保険に加入するということになると、保険の本来の目的が果たせない可能性もあります。
例えば、独身の方にとっては多くの場合、必要となるのはご自身が亡くなった時の死亡保障よりも生きている間に病気やケガで入院や手術、通院が長引いた時に役立つ医療保険やがん保険、終業不能時の給与をサポートするような保険です。
このようなニーズが大きい独身の方が、生命保険料控除をバランスよく使おうと必要としていない死亡保障に入るよりは、医療保険やがん保険の保障を充実させて、死亡保険には加入せずにその分の保険料を節約することの方がメリットが大きいかもしれません。
保険に対するニーズは人それぞれで答えがありません。
ご自身が本当に必要とする保険でリスクに備え、そのおまけに所得税の控除も生命保険料控除を利用して上手に活用できるのがベストなのではないでしょうか。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク