生命保険料控除の「新・旧」はどういう意味?

生命保険料控除の「新・旧」はどういう意味?

生命保険料控除に関する税制が平成22年度の税制改正で改正されました。そのため平成24年1月1日以降と平成23年12月31日以前の契約で控除される金額が異なるため、「新・旧」という表現が使われています。

【新・旧】の違い
新生命保険料控除、旧生命保険料控除
新個人年金保険料控除、旧個人年金保険料控除

といったように、「新・旧」の表示がありますが、これは契約時期によって適用される控除額が異なるためです。平成22年度の税制改正において、生命保険料控除が改正されました。この改正は平成24年分の所得税から適用されています。
 そのため、平成24年1月1日以後に締結した保険契約等の保険料と平成23年12月31日以前に締結した保険契約等の保険料では、生命保険料控除の取扱いが異なります
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク