契約者と支払者が異なる場合は?

契約者と支払者が異なる場合は?

契約者と保険料支払い者が異なる場合、生命保険料控除を受けることができるのは、保険料を支払った人です。
 
国税庁のホームページで紹介されている「Q&A」では(以下抜粋)
 
【質問】
妻が契約者である生命保険契約について夫が保険料を支払っている場合、夫が支払った保険料は夫の生命保険料控除の対象となりますか。
 
【答え】
生命保険料控除の対象となる生命保険契約等とは、一定の生命保険契約等で、その保険金等の受取人のすべてをその保険料の払込みをする者又はその配偶者その他の親族とするものをいい、契約者が誰であるかは要件とされていません。したがって、この要件が充たされている限り、保険料を支払った夫の生命保険料控除の対象になります。
(所得税法76条)
 
このように、生命保険料を支払った人が生命保険料控除の対象となります。
ただ、控除証明書は契約者宛に保険会社から届きますので、注意が必要です。

 

【運営会社】
株式会社近畿ファミリー

事業内容:生命保険代理店
566-0011
大阪府摂津市千里丘東2-10-1-207-1
電話/0726-27-2630

 

アフラック 保険相談