生命保険料控除

保険を増やしたのに控除額が変わっていません

生命保険の見直しをして保険料の支払額が増えました。
ところが、夫の持ち帰った年末調整を見てみると、昨年の生命保険料控除額と金額が変わっていません。せっかく保険の契約を増やしたのにどうして控除額が増えていないのでしょうか?
保険を追加したのでもっと税金が戻ってくると思ったのですが。
生命保険料控除が使える上限額が決まっています。限度額を超えた分の控除を使うことはできません。
生命保険料を年間10万円以上払っているという方が、さらに保険を増やして15万円になったとしてもすでに上限の金額を超えていますので生命保険料控除の額は変わりません。
但し、保険の種類によって使える控除が異なりますので、ご質問の場合であれば加入された保険の種類にもよります。

【事例】
旧生命保険料控除の対象となる保険のみ加入されている。保険料は年間10万円以上。
現在は旧生命保険料控除で5万円の控除を利用


①新たに医療保険(年間保険料10万円)や個人年金保険(年間保険料10万円)に加入された場合。
旧生命保険料控除で5万円の控除が使えるのは従来通りですが、追加された医療保険や個人年金保険で別枠として介護医療保険料控除や個人年金保険料控除が使えます。

旧生命保険料控除 5万円
介護医療保険料控除 4万円
新個人年金保険料控除 4万円

②新たに死亡保障の生命保険(年間保険料10万円)に加入された場合。
既旧生命保険料控除で5万円を使っていますので、控除額をこれ以上増やすことができません。
新生命保険料控除は4万円ですので、どちらか高い方の控除を使うことになります。
 

生命保険料控除全般のよくある質問

 

生命保険料控除の活用

生命保険料控除のよくある質問をまとめています。
ご自身が生命保険料控除で疑問に思われたことが解決するかもしれません。

生命保険料控除の簡単な計算方法をご紹介します。
手軽で簡単に戻ってくる所得税の金額がわかります。

 生命保険料控除を利用することで得られるメリットをまとめています。
上手に生命保険料控除を活用して所得税を節税。

生命保険料控除の仕組みについて解説します。
基本的な仕組みを知っておくことで、加入する生命保険選びにも役立ちます。

よくある質問

【運営会社】
株式会社近畿ファミリー
事業内容:生命保険代理店

566-0011
大阪府摂津市千里丘東2-10-1-207-1
電話/0726-27-2630